浮気調査の方法を知りたい! 確実に証拠をつかむコツや注意点を解説!


「パートナーに浮気の疑いがあるので浮気調査をしたいけど、どんな方法があるのだろう」とお考えではありませんか? 愛するパートナーが浮気していると感じたら、すぐに浮気調査を行って証拠をつかむことが大切です。しかし、どんな方法で進めるべきか、どんな方法がNGなのかなど、何かと分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、浮気調査の方法について詳しく解説します。

  1. 自分でパートナーの浮気を調査する方法
  2. 浮気調査はどこまでOKか?
  3. 探偵ではどんな方法で浮気調査を行う?
  4. 探偵に浮気調査を依頼するときの注意点
  5. 浮気調査の方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気調査を効率よく進めるポイントがよく分かります。パートナーに浮気の疑いがある人は、記事を読んでみてください。

1.自分でパートナーの浮気を調査する方法

最初に、自分でパートナーの浮気を調査するにはどんな方法があるか、詳しく見ていきましょう。

1-1.パートナーのスマホやパソコンでのやり取りをチェックする

パートナーのスマホやパソコンでのやり取りをチェックすると、高確率で浮気の証拠をつかむことができます。多くの場合、浮気相手とのやり取りはネットで行われるからです。ただし、無断でチェックせず、パートナーにスマホやパソコンでのやり取りを見せてほしいと伝えてみてください。特にやましいことがなければ、支障がない範囲で見せてもらえることでしょう。

1-2.パートナーの持ちものをチェックする

パートナーの持ちものをチェックするのも、自分で浮気を調査する方法です。たとえば、以下のようなものがないか探してみてください。

  • パートナーの趣味とは異なる小物類や文房具類など
  • 観光地で購入した土産類
  • 化粧品の汚れや香水の匂いが付着した洋服類
  • 異性もののアクセサリーや小物類

上記のようなものが見つかった場合、浮気相手からもらったり浮気相手と接触したりしたことが考えられます。

1-3.カマをかけてみる

パートナーの浮気を調査する方法として、カマをかけてみることも一つの方法です。浮気が事実である場合、パートナーが観念し、自白してくることがあります。また、パートナーに以下のような様子が見られる場合も、浮気している疑いがあるでしょう。

  • 目線が泳ぐ
  • 貧乏ゆすりをする
  • 突然無言になる
  • 顔色が悪くなる
  • その場から立ち去ってしまう
  • 不自然に話題を変えようとする

なお、カマをかけるときは、浮気相手の名前などを具体的に出さないようにしましょう。あくまでも、浮気の事実を知っているかのように匂わせ、パートナーの自白を引き出してみてください。

1-4.給与明細をチェックする

パートナーに浮気の疑いがあるときは、パートナーの給与明細をチェックしてみましょう。残業時間数や休日出勤数を見れば、本当に残業や休日出勤だったのかが分かります。同時に、給与支給額も増えているはずです。残業や休日出勤を理由に家を空けていても、給与明細の内容がいつもと変わらないのであれば、浮気をしていると疑ってみてください。

1-5.財布の中身やクレジットカードの利用履歴をチェックする

財布の中身やクレジットカードの利用履歴をチェックすると、浮気の証拠をつかめることがあります。たとえば、以下のような場合は、浮気をしている可能性が高いでしょう。

財布の中身

  • 2人分の食事をしたレストランのレシート
  • 2人分の買いものや避妊具を購入したコンビニなどのレシート
  • 異性へのプレゼントを購入したレシート
  • ラブホテルの会員証

クレジットカードの利用履歴

  • ラブホテルの利用代金
  • 異性へのプレゼントの購入代金
  • 2人分の旅行代金
  • 定期的なキャッシング

2.浮気調査で違法となる方法は?

浮気調査で違法となるのはどんな方法か、具体的にご紹介します。

2-1.プライバシーの侵害に当たる場合は違法となることがある

浮気調査は、パートナーや浮気相手に知られないように調査を進めることになります。とはいえ、プライバシーの侵害に当たるような調査方法は、違法となることがあるので注意してください。場合によっては、反対に訴えられてしまう可能性もあります。実際にどんな例が違法となる可能性があるかについては、後述する「2-2.浮気調査で違法となる可能性が高い例」を参考にしてください。

2-2.浮気調査で違法となる可能性が高い例

実際に浮気調査で違法となる可能性が高い例を、3つご紹介します。

2-2-1.車や自宅にGPSやボイスレコーダーを無断で取り付ける

浮気調査のためでも、車や自宅にGPSやボイスレコーダーを無断で取り付けるのは、違法となる可能性があります。車に乗車中や自宅でくつろいでいる様子をチェックすることは、プライバシーの侵害に当たると考えられるからです。

2-2-2.浮気相手の自宅などに無断で侵入する

浮気相手の自宅などに無断で侵入することも、違法になります。この場合、住居侵入罪で訴えられることがあるので注意してください。浮気相手の自宅に入るには浮気相手の許可が必ず必要ですが、浮気調査の意味がなくなるので、やめておきましょう。

2-2-3.スマホやパソコンのやり取りを無断でチェックする

スマホやパソコンのやり取りを無断でチェックすることも、プライバシーの侵害に当たると考えられます。この記事の「1-1.パートナーのスマホやパソコンでのやり取りをチェックする」でご紹介したとおり、スマホやパソコンのやり取りをチェックすると、浮気の証拠を簡単につかめるものです。とはいえ、パートナーに無断でチェックした場合、たとえ浮気の証拠をつかむことができても、パートナーからの信用を失うことになるでしょう。

2-3.探偵が浮気調査を行うには探偵業としての許可が必要

探偵が依頼者からの希望により浮気調査を行う場合、活動地域の公安委員会に探偵業の届け出が必要になります。浮気調査では、尾行調査や張り込み調査など、何も知らない人からすれば不審に見える行動を伴うものです。実際に、探偵が不審者と勘違いされて、通報されてしまうケースもあります。その際、探偵業の届け出を済ませていれば、正当な方法により浮気調査をしていることを証明することが可能です。ただし、探偵の中には、探偵業の許可を得ず、違法な方法で浮気調査を行っているところもあるので気を付けてください。

3.探偵ではどんな方法で浮気調査を行う?

浮気調査を探偵に依頼するとどんな方法で進めるか、詳しく見ていきましょう。実際には、確実に証拠をつかむために、複数の調査方法を平行して行うのが一般的です。

3-1.身上調査

探偵では、浮気調査の一つとして、浮気相手の身上調査を行います。浮気相手がどんな人物か知ることは、そのほかの調査を進める基本となるからです。たとえば、以下のような内容を調査します。

  • 氏名
  • 住所
  • 年齢
  • 経歴
  • 家族状況
  • 勤務先・勤務歴
  • 交友関係

3-2.聞き込み調査

聞き込み調査も、探偵が行う浮気調査の一つです。たとえば、パートナーと浮気相手がよく行くレストランなどの店員や浮気相手の自宅の近隣住民などに聞き込むことで、浮気の事実を確認できることがあります。聞き込み調査では、浮気の頻度やいつから浮気しているかなどが判明することもあるでしょう。

3-3.尾行調査

探偵では、浮気の現場をつかむために尾行調査を行います。パートナーや浮気相手が浮気している可能性が高い時間帯を狙い、尾行するのです。尾行調査は、調査中であることが相手にバレやすく、難易度の高い調査方法になります。また、フットワークの軽さも必要で、業者の力量が最も問われる調査方法といえるでしょう。

3-4.張り込み調査

張り込み調査も、探偵が行う浮気調査の方法です。浮気する可能性が高い場所の近くで、パートナーと浮気相手がやってくるのを待ちます。張り込み調査は当てが外れてしまうことも多く、空振りに終わることも少なくありません。しかし、実際にパートナーと浮気相手が現れると、客観的な証拠をつかめる可能性が高い調査方法になります。

3-5.SNSでの発言調査

最近では、浮気調査の一つとしてSNSでの発言調査も行われています。多くの人がSNSで発信するようになった今、パートナーと浮気相手も、自分たちのアカウントを使ってやり取りしていることがあるからです。探偵は浮気調査のプロなので、匿名アカウントであってもさまざまな発言を分析してパートナーや浮気相手のアカウントを高確率で特定できます。たとえ匿名アカウントでも、明らかに浮気の事実が分かる発言があれば、有力な証拠となるでしょう。

4.探偵に浮気調査を依頼するときの注意点

探偵に浮気調査を依頼するときには、いくつか注意すべき点があります。

4-1.信頼できる探偵に依頼する

浮気調査を探偵に依頼する場合、以下のポイントを満たしていると安心です。

  • 浮気調査で豊富な実績がある
  • 簡単な相談や見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 都合のよい調査期間で依頼できる
  • スタッフの対応が親切で顧客からの評判も上々

信頼できる探偵は、この記事の「2-3.探偵が浮気調査を行うには探偵業としての許可が必要」のとおり、活動地域の公安委員会から探偵業の許可を取得しています。探偵のホームページなどに許可番号の記載があるはずなので、同時にチェックしてみるとよいでしょう。なお、当愛知探偵事務所でも、数多くの浮気調査をご依頼いただき、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-2.持っている情報はすべて探偵に提供する

浮気調査の成功率を高めるためにも、持っている情報はすべて探偵に提供して協力しましょう。探偵は、第三者の立場で依頼者からの情報を元に浮気調査を進めます。なるべく多くの情報を用意することで、浮気調査の成功率が高まるのです。情報不足では、浮気調査の難易度がグンと上がってしまい、調査期間内に客観的な証拠をつかめない可能性が高くなります。

4-3.不明な点や不安な点はその場でクリアにする

探偵との打ち合わせなどで不明な点や不安な点があったら、その場でクリアにしておきましょう。きちんと確認せず自分に都合よく考えてしまうと、後日トラブルになることがあります。どんなに信頼できる探偵であっても、ちょっとした行き違いが発生することがあるものです。小さなことであっても違和感を覚えたらその場で確認し、不明な点や不安な点を残さないようにしてください。

4-4.浮気調査中であることを他言しない

浮気調査中であることは、絶対に他言してはいけません。ごく親しい間柄の人に話した場合であっても、何かの拍子にパートナーや浮気相手の耳に入ることがあるからです。浮気調査は調査中であることがターゲットに知られると、ほぼ失敗に終わります。ターゲットが身構えてしまうため、浮気の現場を押さえることが難しくなるからです。探偵の浮気調査が完了するまでは、他言しないでください。

5.浮気調査の方法に関するよくある質問

最後に、浮気調査の方法に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.浮気調査の実施期間はどれぐらいが適切か?
A.一概にはいえません。浮気調査の難易度が低く、すぐに証拠がつかめそうな場合は、1日だけで完了することがあります。一方、ほとんど情報がないなどにより、浮気調査の難易度が高い場合は、数週間以上必要になることもあるでしょう。

Q.探偵の浮気調査でも証拠がつかめなかった場合はどうする?
A.まずは、探偵から証拠をつかめなった原因を説明してもらいましょう。調査時間が足りなかったことが原因なら、追加調査を行うことで証拠がつかめることがあります。ただし、初回の浮気調査で証拠がつかめない場合は、情報不足やタイミングの悪さなども考えられるので、慎重に検討してみる必要があるでしょう。

Q.浮気調査に必要な費用の目安は?
A.探偵にもよりますが、1回の浮気調査で少なくても数万円、本格的に調査するとなると数十万円~かかるのが一般的です。なお、実際の費用は、調査期間・調査方法・調査の難易度などにより、金額が異なります。正確な金額を知りたい場合は、探偵に見積もりをもらって確認してください。

Q.浮気調査で客観的な証拠をつかんだ後はどうすればよい?
A.まずは、自分が今後どうしたいか、じっくり考えてみてください。浮気を許してやり直すなら、すべてを水に流してパートナーと歩み寄る努力が必要です。浮気を許せない場合は、離婚して別々の道を歩むこともできます。どんな選択であっても、自分が納得できることが大切です。なお、パートナーと別れる・別れないのいずれかであっても、浮気相手に慰謝料請求を行うことをおすすめします。

Q.浮気調査中であることがパートナーにバレてしまったらどうする?
A.パートナーにバレてしまったら、素直に打ち明けるとよいでしょう。浮気しているか不安で仕方なかったと、正直に伝えるのです。浮気が事実なら、パートナーに反省してもらえる可能性があります。浮気が事実無根であっても、自分の気持ちをパートナーにきちんと伝えることで、関係性の悪化を防ぐことが可能です。

まとめ

今回は、浮気調査の方法について詳しく解説しました。パートナーに浮気の疑いがある場合は、浮気調査を行って客観的な証拠をつかみましょう。客観的な証拠をつかむには、信頼できる探偵に浮気調査を依頼するのがおすすめです。なお、当愛知探偵事務所でも、浮気調査で豊富な実績があり、大変ご好評をいただいています。簡単な相談や見積もりは無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!