浮気を徹底解明! 浮気する人の心理とは?


恋人間や夫婦間の大きな問題『浮気』。
例え一時の出来心だったとしても浮気は信頼関係を崩すきっかけになってしまいます。
なぜ、このことをわかっていながらも浮気をしてしまう人が後を絶たないのでしょうか?
浮気をする心理を知るということは浮気防止のために必要な知識です。

浮気する心理から浮気防止の方法を考えて見ましょう。

1.男性の浮気をする心理とは?

【男性の浮気をする心理~浮気は本能?~】

男性が浮気する心理には男性の本能に大きな影響を受けています。男性の深層心理の中には多くの遺伝子を残すという浮気に繋がるような本能を持っています。
もちろん、人間は本能のみで生きている動物ではないので、本能的な衝動を抑えるということもできますが、意志に弱い男性や誘惑に弱い男性は本能に影響されやす傾向にあります。

男性の浮気に関しては、時として心理や理性よりも本能が上回るということもあるということを理解しておきましょう。

【男性の浮気をする心理~ストレスから浮気に発展~】

男性は結婚や交際中のストレスが浮気に向かう心理的な原因になるということがあります。
男性は心理的なストレスを趣味に熱中することで発散する傾向にあります。
趣味などによってストレスを発散するという場合、特に女性と接することの多い趣味では、“趣味の付き合いが浮気に発展してしまう”ということもあります。
男性のストレスというのは浮気に向かってしまう可能性のある心理的な原因の一つです。
パートナーがストレスを感じているという場合にはストレスを解消させるということが浮気防止には大切です。

2.女性の浮気をする心理とは?

【女性の浮気をする心理~寂しさからの浮気~】

女性の浮気の原因として挙げられるのは“寂しさ”という心理状態です。
“寂しさからの浮気”というのは女性の浮気の理由としては比較的に多く、交際相手や結婚相手からの愛情を感じないという場合に陥りやすい心理状態です。

女性は愛情が薄くなるという寂しさから“安心感を求める”という心理が強くなります。
このような心理状態は浮気を助長することから、普段から寂しがりやという性格には注意が必要です。

寂しいという心理状態になりやすいパートナーにはコミュニケーションを増やすということで浮気を予防することができます。

【女性の浮気をする心理~雰囲気に流された浮気~】

雰囲気に流されて浮気をしてしまうということが原因になるケースがあります。心理的に相手の欲求を断れないという人に多い浮気原因です。
雰囲気に流されて浮気をしてしまうということには、もう一つ原因であるストレスが関係しています。
ストレスを受けている状態では周囲の状況に流されやすい傾向にあります。これはストレスによって状況判断が鈍ることが原因です。

ストレスは男女問わず浮気を助長する心理状態なのでストレスがあると感じた場合には浮気に対する注意が必要です。

3.浮気の心理要因の殆どはストレス

男女の浮気の心理について確認してみると、浮気の原因の大半がストレスによるものであることが分かります。
ストレスにより判断能力が鈍ることは、浮気しやすい心理状態に繋がります。
この際、ストレスの原因は関係なく“仕事のストレス”であっても“夫婦間のストレス”であっても浮気の原因となり得ます。

ストレスによる浮気を予防する方法は、ストレスを自覚し相手のストレスを敏感に感じ取るということが大切です。
普段の会話などのコミュニケーションを通してお互いの心理状態を確認するというのが最大の浮気予防策なのです。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!